SDGs

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、国連が定めた「持続可能な開発目標」のことです。

世界のより良い未来を実現するために、地球温暖化対策、再生エネルギー利用の拡大、貧困や飢餓の撲滅などの17の目標が、2015年に開催された国連サミットで採択されました。

各国は2030年までの目標達成を目指しており、岡山県内でも岡山大学や自治体、弊社を含む民間企業などが積極的に取り組み始めています。

SDGsの達成に向けたRCE第1回世界会議が、2017年12月5日から3日間岡山市で開催され、NIK環境株式会社も参加しました。

NIK環境株式会社では、2006年より持続可能な開発
に対して積極的に取り組んでおり、国連の掲げる
「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。

「エコ&ピース」啓発活動

弊社の「エコ&ピース」キャラクター「ラヴちゃん」のテーマソングをつくり、様々な環境イベントやラジオ番組に出演。

環境教育

幼稚園、小学校での環境教育を実施したり、倉敷市と合同で貯まったどんぐりポイントを望遠鏡と交換し、子供達を集め野鳥観察会を企画。

環境学習 出前講座

岡山ESD推進

岡山ESDカフェに月1回参加。国連大学をはじめ様々な人が集まり、環境や社会問題をテーマに活発な意見交換を行っています。

SDGsの達成に向けたRCE第1回世界会議に参加

SDGsの達成に向けたRCE第1回世界会議(岡山市)に参加する。

SDGsの達成に向けたRCE第1回世界会議(1) SDGsの達成に向けたRCE第1回世界会議(2) SDGsの達成に向けたRCE第1回世界会議(3)

環境省主催の瀬戸内ESDプロジェクト参加認定

岡山県立大学と協働で、森や水の大切さをテーマに子供向けの紙芝居を制作、岡山国際交流センターで発表。

廃棄物の燃料化、ハイブリッド車導入の推進

廃プラスチック、木くず、紙くずを燃料化、ハイブリッド・パッカー車を7台導入し、J-クレジットを利用してカーボンオフセット。

地場産業の活性化

「ジーンズの聖地」倉敷市児島に本社があるため、デニムを弊社の制服として採用。他社にも呼びかけ実現している。

資源循環型社会の構築

環境に関わる企業として、資源循環型社会の構築を目指しています。

経済産業省CFP-PCR認証

国内初となる、リサイクル製品でカーボンフットプリント認証取得.

どんぐりリサイクル

身近なところから気付くをテーマに、どんぐりリサイクルを企画。参加団体には、倉敷市長から感謝状が届く仕組みを構築。

みずしま財団企画の瀬戸内ごみプロジェクトに賛同

定期的に、漁場クリーンアップ作戦を実施。

地域のクリーンアップ作戦

定期的に、地元住民と共同で、不法投棄に対してクリーンアップ作戦を実施。